箱庭

内容の無いブログ(整理整頓中)

無題

(北部地震について色々書いていたら、どうにもこうにも文章力がアレしてしまって纏まらない内に西日本豪雨被害が起き、投稿のタイミングを失った)

ま、まだ8月頭なんですね…もう夏も終わりくらいの感覚になってます。
高校野球今日から甲子園だけどガチの炎天下で大丈夫なんだろうか…と思って見てて、試合を観てない。

西日本豪雨災害の報道、大きな災害が起きる毎にさまざまな知恵がだされて避難所生活も徐々に良くなってきているところ(ダンボールベッドとか、仕切りとか)はまだ救いですかね。この酷暑で時期的にはサイアクでしょうが、、

あと、偽善や売名と言われようとやはり健康な体で現地にとんでいって助けになれる人はすごいです。

余談ですが、北部地震は震度4の地域でしたので被害とか何もありませんでした。
無駄に一応高層階に住んでたおかげで揺れで飛び起きはしましたが、イッヌは相当鈍いらしいので恐怖を感じる事がなくてよかったねという感じ。(寝てた)

和歌山で5弱とか起きた時の方がフィギュアが倒れたり落ちたりするんですよね。
以前住んでたのは二階でしたが、フィギュアが紙相撲みたいな動きをしてました。今回の地震では揺れ自体が大きいですが綿棒ケースの上に置いてたカイカブリすら落ちてなかったです。(フィギュアの話しか出来ない)

ちなみに震源地に電車で行こうとしたらジャンプコミックス2冊買えます。帰るのに更に2冊買えます。遠いのです。

北部に隣接する京都の親戚も無事で、岡山の親戚は元々あまり連絡付かずなので多分大丈夫…とは思います

ところで、(聞き流してもらいたいですけど)募金の話になるといつも偽善という言葉が飛び交ってる気がする件について、単純にどこが被災しても必ず多額の寄付金が集まり
いつか自分の住んでる地域が被災した時も多くの人がきっと募金してくれるはずだとそう考えれば、どちらが上だとか偉いとかじゃなく、めんどくさい感情抜きの「助け合い」なのだと思える気がします。